13308円 トスカーナI.G.T./ テヌータ・ディ・トリノーロレ・クーポレ・ディ・トリノーロ 赤 750ml/12本.mxLe Cupole di Trinoro 614082 ビール・洋酒 ワイン 赤ワイン Cupole,750ml/12本.mxLe,赤,Trinoro,13308円,ビール・洋酒 , ワイン , 赤ワイン,di,614082,トスカーナI.G.T./,truecenterpublishing.com,/extracathedral1672492.html,テヌータ・ディ・トリノーロレ・クーポレ・ディ・トリノーロ 13308円 トスカーナI.G.T./ テヌータ・ディ・トリノーロレ・クーポレ・ディ・トリノーロ 赤 750ml/12本.mxLe Cupole di Trinoro 614082 ビール・洋酒 ワイン 赤ワイン トスカーナI.G.T. テヌータ ディ トリノーロレ クーポレ トリノーロ 赤 750ml di 今ならほぼ即納! 614082 Cupole 12本.mxLe Trinoro トスカーナI.G.T. テヌータ ディ トリノーロレ クーポレ トリノーロ 赤 750ml di 今ならほぼ即納! 614082 Cupole 12本.mxLe Trinoro Cupole,750ml/12本.mxLe,赤,Trinoro,13308円,ビール・洋酒 , ワイン , 赤ワイン,di,614082,トスカーナI.G.T./,truecenterpublishing.com,/extracathedral1672492.html,テヌータ・ディ・トリノーロレ・クーポレ・ディ・トリノーロ

トスカーナI.G.T. テヌータ ディ トリノーロレ クーポレ トリノーロ 赤 750ml di 今ならほぼ即納 人気ブランド新作豊富 614082 Cupole 12本.mxLe Trinoro

トスカーナI.G.T./ テヌータ・ディ・トリノーロレ・クーポレ・ディ・トリノーロ 赤 750ml/12本.mxLe Cupole di Trinoro 614082

13308円

トスカーナI.G.T./ テヌータ・ディ・トリノーロレ・クーポレ・ディ・トリノーロ 赤 750ml/12本.mxLe Cupole di Trinoro 614082



生産地イタリア
地方/地区トスカーナ/サルテアーノ
クラス-
葡萄品種カベルネ・フラン 40%/メルロー 37%/カベルネ・ソーヴィニヨン 13%/プティ・ヴェルド 10%
甘辛-
アルコール度数15.0
ボディー感フルボディ

コメント
圧倒的な果実味の豊かさに加え、バニラやミントの複雑な香りが広がります。タンニンは柔らかに調和しており長い余韻が楽しめます。トスカーナの新時代と言うべき見事なワインです。
畑に関する情報
栽培面積・20ha。土壌・-。
葡萄の栽培・収穫に関する情報
年間生産量・70000本。平均収量・50hl/ha。樹齢・23-25。
醸造・熟成に関する情報
醗酵:ステンレタンク 主醗酵後、オーク樽にてマラクティック醗酵 熟成:オーク樽熟成 8ヶ月(225L)/オーク樽熟成後、セメントタンク熟成 10-12ヶ月
受賞履歴
ワイン・アドヴォケイト得点 94
ワイナリー情報
テヌータ・ディ・トリノーロ
名もない荒地に過ぎなかったトスカーナ・サルテアーノのこの地を、一気に世界レベルへと一躍有名にしたテヌータ・ディ・トリノーロ。1980年頃にここを訪れ、「今では見ることのない100年以上前のトスカーナの田舎を感じた」と語るオーナーのアンドレア・フランケッティ氏が独自で設立したワイナリーです。2.5haからはじめたワイン造りは独学で開始。ボルドーのシュヴァル・ブランやヴァランドローといった名立たる生産者の友人から学び、栽培ではフランスの経験豊かな専門チームを呼び寄せたりしました。出来るだけ小さい房、実をつけさせるため植密度を1haあたり10,000株まで上げるなど改革を進め、今では葉の色を見るだけで、ブドウが今何をしているかわかるといいます。そうして生まれたワインは、学んだボルドーのトップ・シャトーにも負けない品質にまで高められました。自然と一体となった生活を営みつつ、独自のワインの世界観を持つ彼は、いつしかイタリアワイン界を代表する存在になったと言えます。

※掲載画像と実物のデザイン・年号・度数等が異なる場合が御座います。

トスカーナI.G.T./ テヌータ・ディ・トリノーロレ・クーポレ・ディ・トリノーロ 赤 750ml/12本.mxLe Cupole di Trinoro 614082

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(3)】
2012年12月配信
1.二次電池が注目される背景
2008年9月のリーマンショック以来、各国政府は大規模な金融・財政政策を実施して事態の収拾に躍起となってきました。この危機に対して米国に登場した民主党のオバマ大統領は、政策の重要な柱に「大きな発展が期待できる新たな産業の創出が必要である」として「グリーンニューディール政策」を打ち出しました。ここでいう新たな産業とは、地球環境を維持し、人類の持続的な発展に貢献する産業です。そして、これを契機に世界の産業政策の趨勢は地球環境保護に向けて大きく舵を切ったといえます。
地球環境保護の柱となる産業分野の1つがエネルギーです。温室効果ガス排出量の削減にはエネルギー源を石油、石炭などの化石燃料から太陽光や風力などの自然エネルギーを利用した発電に転換することが有効です。しかし、自然エネルギーの出力は天候に左右され大きく変動するため、そのままでは利用しにくいエネルギー源です。この変動を平準化するうえで電力貯蔵機能のある二次電池が注目されるのです。二次電池のこの機能の本質は時間、空間を隔てて電力の利用を可能にすることです。この機能をフルに活用することで既存電力網の高効率化を目指したスマートグリッドが構想されています。さらに、日本では昨年3月11日に福島における重大な原子力発電所事故が発生し、安全な電力エネルギー源の確保の観点からも自然エネルギーの導入拡大が重点政策となり、ますます二次電池の重要性が増してきています。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook